漫画家になる

原稿料はどう決まる?

漫画家の収入源である原稿料。この記事では「その原稿料はどう決まるのか」という疑問にお答えいたします。

原稿料については、以下の記事でも解説しています。

原稿料の決まり方

まずは「新人漫画家用の原稿料から」が一般的

新人漫画家の原稿料は、モノクロ1ページ辺り5,000円~10,000円辺りが一般的です

掲載・連載などの実績がない限り、まずはここからのスタートとなります。

各雑誌や出版社ごとに、新人漫画家用の原稿料がそれぞれ定められています。書き込みが少なめの4コマ誌や少女漫画は原稿料が低めの傾向があり、逆に書き込みの多い青年誌などは高い傾向にあります。

原稿料が上がるタイミングは?

原稿料は「何年も描いていれば自動的に上がる」ということはありません。

原稿料が上がるタイミングに明確な決まりはありませんが、実績を元に判断されることが多いです。

例えば単行本が重版した時は、明確に売れた実績となるため、上がる傾向にあります。他にも、他雑誌への持ち込みやスカウトを受けた際、既に掲載・連載経験という実績があれば、新人漫画家用の原稿料から+αされるのが一般的です。

雑誌や商業媒体での掲載実績がなくても、例えば「漫画がWEBでバズった」みたいな場合も、実績としてカウントされます。

バズると「その漫画、うちで描きませんか?」と複数社からスカウトされることもあり、当然条件がいい方を選ぶのが一般的です。出版社側がその辺りを加味して、原稿料を通常より上げるなどの優遇をしてくれたりします。

こちらから原稿料を提示してもいい?

もちろん、提示して問題ありません。

ただ、あまりに実績と見合わなかったり、高すぎたりすると普通に断られます。出版社側から提示された原稿料と、自分の能力との兼ね合いを考えた上で提示しましょう。

メールなどでスカウトされる際、原稿料を提示されないことが多々あります。お金のことは聞きづらいかもしれませんが、臆せず、最初の返信段階で聞いてしまいましょう。

自分の中で「モノクロ1ページ○○円が下限」と定めておくと、判断に迷わないためオススメです。

まとめ

この記事では、漫画家の原稿料の決まり方について解説いたしました。少しでもお役に立てたのなら幸いです。

当ブログでは引き続き、管理人の経験を元に、漫画家に対する疑問などをお答えしていきたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました