漫画家になる

どうしても漫画を描きたくない時はどうする?

「漫画を好きで描いているのに、それでもどうしても描きたくない時がある」

この記事では、そんな方に向けて、少しでも楽に考えられる方法を解説していきます。

1.どうしても「今」描かなくてはいけないのか

まず、自身の置かれた状況を整理します。

「今」描かなくてもいい場合

  • なんとなく描かなくてはいけないけど、「今」である必要はない。
  • 〆切はあるけど一応、期日までには余裕がある。

などなど。

「今」描かなくても大丈夫な場合は、いさぎよく漫画を描くことから距離を置いてみましょう

個人的には、「漫画とは全く関係ないことをしてみる」ことをオススメします。一度漫画から完全に遠ざかってみると、案外気が晴れ、モチベーションが戻ってきたりします。

他の趣味や好きなことをする。どこかに出かけてみる。散歩をしてみる。

特別なことをしなくてもいいです。「もう寝る!」みたいに、寝てしまってもいいです。一晩経てば、あっさりとやる気になってたりすることもあります。

「描きたくないな~」とダラダラと思い悩むまま何もしないより、いっそ早い段階で「他のことをする」と見切りをつけた方が、時間の無駄にもなりません。

「結局何もしなかった……」という虚無感を抱かずに済みます。

虚無感あるある……。

どうしても「今」描かなくてはいけない場合

  • 〆切が近いため、「今」描かなくてはいけない
  • 仕事の都合で「今」しか描く時間がない

などなど。

こういった場合は、正直描くしかありません。

ただ、心身どちらかでも具合が悪い場合は、例え「今」描かなくてはいけない時でも、無理はしないでください。〆切があるなど事情があるのなら、真っ先に担当編集に相談するみたいに、「今」描かない方向で調整するよう動きましょう。

無理、ダメ、絶対

では、それ以外の、「元気だけどやる気が出ない」「モチベーションが上がらない」という時はどうすればいいのか。

2.最小単位で行動してみる

どうしてもやらなくてはいけない時、「漫画を描く」だけでは、目標が大きすぎます。「ペン入れをする」でもまだまだ大きく、「『1ページだけ』ペン入れをする」でもまだ大きいです。

もっと小さい単位の行動を目標としましょう。

何でも構いません。自分が楽と思えるところから手をつけていきましょう。

小さい単位の行動例
  • 1コマだけフキダシを描く
  • 1コマだけ枠線を引いてみる
  • ページ関係なく、描きやすい1コマだけペン入れする
  • 複数キャラがいる1コマの中の、人物ひとりだけ描く
  • 1コマの中の、人物ひとりの目だけ描く

などなど。

「1コマ単位」もっと言うと、「1コマの一部単位」でも問題ありません。

例えば「1コマだけフキダシを描く」という目標で始めてみると、意外とそのまま2コマ目3コマ目のフキダシまで進んだりします。

他の、例えば「1コマの中の、人物ひとりの目だけ描く」を目標とした場合でも同様に、「次の人物の目も描いてみるか」となったり、「このコマのこのキャラだけでも描き終わるか」みたいに、作業が進んだりします。

例え小さいと思える作業でも、「何もしない」よりは進んでいます。

まとめ

この記事では「どうしても漫画を描きたくない時はどうする?」をテーマに解説いたしました。少しでもお役に立てたのなら幸いです。

当ブログでは引き続き、管理人の経験を元に、漫画家に対する疑問などをお答えしていきたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました